宅配水で非加熱天然水を楽しむ

水は人間にとって命を支えるものであり、欠かせないものです。

人間の体は生まれて間もない赤ちゃんで70%以上が水分でできていますし、大人でも60%が水分です。

水分は血液やリンパ液となって体中を循環して栄養や酸素を運び、老廃物を排出する働きをしていますし、脳や心臓、肝臓など各臓器も水分がふくまれています。

体温や体内の浸透圧を一定に保ち体調を整える機能もあります。

私たち人間は、水に支配されているといってもよく、水分が不足すれば体の内部の各部はたちまち正常に機能しなくなり、そのまま放置すれば生命維持もままならなくなるのです。

こうしたことを考えれば、体の免疫力や代謝アップのためには、適切な水分補給が大切だということはわかりますし、良い水を飲まなければいけないことも納得できるでしょう。

では、どんな水を飲めばよいのでしょうか?

それは太古の昔から人間が飲んでいた自然のままの湧き水、地中から湧き出てから何も手を加えていない生のままの水です。

人間の体は数万年前から、気の遠くなるような時間をかけて今の体が出来上がっています。

私たちの体を考えてみると、先ほどもお話ししたように6割以上が水分ですが、体を構成する血液や体液、各臓器ももっと細かく考えるとそれぞれの細胞があります。

この細胞自体はヒトとしての種が誕生してから基本的には何も変わってはいません。

細胞の機能自体も人としての種が誕生してから何も変わってはいませんから、最も理想的な水とは、そのころに飲んでいたものと同じ水ということができます。

1万年前の人間の暮らしと言えば、ほとんど裸で野山を駆け回り、狩りをするなどして自然から食物を獲得し、湧き出る水をそのまま飲んでいたのです。

山間の名水が湧き出る場所では水飲み場を整備してあったりしますが、あの環境が身近になれば最も理想的です。

湧き出たままの生水というと雑菌やウィルスは大丈夫なのかと心配する人もいますが、地中深くから湧き出てすぐの、まだあまり空気に触れていない湧き水は雑菌やウィルスの心配はありません。

自然のままの湧き水は、雨や雪どけ水が地層をゆっくりと通過するうちに、天然のミネラル成分を溶かし込みながら天然の水となって湧き出る水です。

この天然のミネラル成分こそ私たちの体が正常に機能するために欠かせない栄養素なのです。

しかもこのミネラルは人間の体では生成できませんから、水や食物から摂取するしかないのです。

多くの方が利用している水道水や加熱殺菌したミネラルウォーターでは、こうしたミネラル成分が一部そこなわれていたり、水の組成が変わってしまって、人間の細胞をイキイキと活性化させる機能が生水に比べて劣ります。

ただし、都会に住む人をはじめ、こうした水場が近くにない場合は、湧き出る水をそのまま飲むというのはなかなか難しいかもしれません。

でも宅配水ならば、美容と健康のためにも宅配水のページでもお話ししましたが、非加熱の弱アルカリ性天然水を注文できますから、これが人の手をあまり加えていない湧き水にもっとも近い水と言えます。

人間の体の大部分を構成する水分は、できるだけ自然のままの天然の生水を飲むことが長い目で見ても最も健康にプラスだと言えるのです。

このページの先頭へ