宅配水の選び方

jyosei01-1.png

宅配水・ウォーターサーバーのサービス内容は、お水の入ったボトルをセットする専用のウォーターサーバー本体をレンタルして、重いボトルは玄関先まで定期的に配送してもらうという点で、基本的にどこの業者でも一緒です。

「ウチでも宅配水を始めてみたい」

「宅配水ってどこがどう違うの?」

宅配水のメリットは知っているけどどの宅配水を選んだらいいの?」

そんな疑問をお持ちの方に宅配水選びのポイントをお伝えします。

まずはあなたが宅配水に何を優先して求めるかを明確にしてから、各業者の特徴とマッチさせれば納得の宅配水が選べますよ!

水の種類を確認する

宅配水のお水は天然水だと思われている方が多いのですが、実際には水道水をろ過したものに人工的にミネラルを添加したものや、天然水をろ過して不純物を取り除いたものなどさまざまあります。

水道水を原水とするものはお値段も安いので、できるだけ安いものをと考える方にはおすすめです。

「水道水は気分的にチョッとなあ、でもお値段も抑えたい」という方には原水に天然水を使用したRO水をおすすめします。

お水の味にこだわりたいとか、とにかく味が優先という方には、天然水がいいでしょう。

天然水の味の違いは採水地により微妙に異なりますが、意外に知られていないのが加熱殺菌の有無。

天然水は採水地の土壌の違いにより含まれるミネラル成分が異なるので味も変わってきますが、お水に溶け込んだ酸素の量によっても味わいが変わってくるんです。

一般に酸素を豊富に含んだ天然水のほうが、お水本来のほのかな甘みを感じるといわれています。

加熱殺菌することで安全性は高まりますし、保存性もアップしますが、水に自然に溶け込んだ酸素の量が減ってしまうのはデメリットと言えます。

非加熱での許可が下りる採水地は限られるため、生産コストがアップすることもあり、お水のお値段は高めとなります。

ウォーターサーバー本体の機能とデザインを確認

小さなお子さんのいるご家庭なら温水のチャイルドロックがついているものを選びましょう。

また、ウォーターサーバー内部に外気が入らない構造のものであれば、お水の鮮度とおいしさが長持ちしておススメです。

RO水でミネラルを添加していないものならば、ほぼ純水に近いため雑菌繁殖の心配はほとんどありません。

冷水と温水の温度調整ができるものならば、カップ麺やスープなど食事に使用する際に便利ですね。

ボトルの種類を確認

宅配水のボトルは飲みきった後に配達員が回収するリターナブルボトルと、飲みきった後はお住いの地域のルールに沿って自分で処理するワンウェイボトルがあります。

お値段の安い宅配水はリターナブルタイプがほとんどですが、回収されるまで保管スペースが必要です。

ワンウェイボトルはPETボトルと同じ樹脂製で中の水が減るにつれて圧力で自然につぶれて空気が入りにくいというメリットがあります。

また飲みきった後は小さくつぶして捨てることができるので場所をとりません。

このページの先頭へ