宅配水を料理に使う際のポイント

食文化の違いと水の違い

宅配水の良質な水を使うことで、お茶やコーヒーも格段においしくなるといわれますが、料理も水を上手に使い分けることでより一層おいしくなります。

料理には硬水と軟水を使い分けることで素材の持ち味を上手に引き出すことができます。

ヨーロッパの水は一般的にカルシウムやマグネシウムを多く含む硬水が多いですが、日本の水の多くはミネラル分の少ない軟水です。

雨が多く南北に細長い日本列島の中心を急峻な山が連なる地形から、日本には軟水が多く、なだらかな平原にゆったりと川が流れるような地形では、雨水もじっくりと時間をかけて地中を通過することで、ミネラルを豊富に含んだ硬水となります。

こうした水の特徴は、フランス料理をはじめとする欧州の料理と、日本料理の特徴にも大きく関係していて、食文化の違いに水が大きく影響していると言えます。

関東と関西の食文化の違いにも水の違いが関係している

和食のベースとなる昆布だしには軟水が適していて、昆布だしのまろやかなうまみを引きだせるのは、ミネラル分の少ない軟水ならではです。

お米を炊く際にも軟水で炊くと、ふっくらと甘みのあるごはんが炊けますが、硬水では米の食物繊維を硬くするので、パラパラとした粘り気の少ないご飯になってしまいます。

ヨーロッパの人は日本人のように白いご飯をあまりおいしいとは思わないようで、ライスはピラフやリゾットのようにスープで炊き込むものというのが一般的ですが、これもヨーロッパの水が一般に硬水であることと関係が深いのです。

日本でも関東地方が鰹だし中心であるのに対して、関西が昆布だしが多いのは、同じ日本でも関東の水は関西と比較して、ミネラル分が豊富であることとも関係が深いといわれています。

関東と関西の食文化の違いにも水の違いが関係している

よく酒は水で決まるといわれますが、たしかに酒どころであったり銘酒が多く誕生した場所は、例えば「灘の生一本」で広く知れ渡っているように、灘の酒は辛口のお酒として有名ですが、カルシウム分の多い神戸・六甲山の湧き水が仕込み水であるからなのです。

硬水で作られたお酒は酵母菌の働きが抑えられて、きりっとした辛口に仕上がるといわれています。

一方で京都の伏見も銘酒を多く産出する酒どころとして有名ですが、こちらはどちらかというと甘口です。

仕込み水がやや軟水で酵母菌の熟成が進みやすいからだといわれています。

このように水が変わるだけで、同じ日本酒でも全く違う味になるのは、水が持つ不思議な力と言ってもいいでしょう。

硬度を意識して宅配水の水を使い分ける

宅配水でも硬度100程度のものから30前後のものまでさまざまありますし、また、RO水であればほとんどミネラル分を含まないものもありますから、料理に応じて水を使い分けてみると、お料理の味も一層おいしくなるでしょう。

料理に応じていろいろな水を選んで使いたいという方には、4つの採水地の天然水が選べるコスモウォーターがおすすめです。

関連ページ

このページの先頭へ