宅配水が子育て世帯に人気の理由

宅配水、水宅配は、妊婦さんや赤ちゃんのいるご家庭、小さなお子さんのいるご家庭での利用が増えています。

これは水宅配を利用することのメリットがそのまま子育て世帯のメリットとしても大きいからなのですが、改めて子育て真っ最中のご家庭にどんなメリットがあるのかを考えてみましょう。

重たいペットボトルを持ち運ぶ必要がなくなる。

赤ちゃんや小さなお子さんのいるママがお子さんを連れて買い物に出かける場面を考えてみてください。

スーパーやショッピングセンターなどに行けばこどもにとっては見るものすべてが興味の対象です。

お菓子をねだったり、甘いものをねだったり、一人でどこかへ行ってしまうような子もいます。

片時も目の離せない子どもさんが脇にいるそんな時に、重たいペットボトルのミネラルウォーターを買って帰るのはひと苦労でしょう。

安全性の高い水を安定して確保できる

通常時はあまり感じませんが、災害時には安心して利用できる水のありがたさを痛切に感じます。

実際に2011年3月の東日本大震災の時には、店頭からミネラルウォーターの在庫はなくなりましたし、メーカも生産が追い付かず、行政の支援もなかなか希望通りには行われませんでした。

宅配水は店頭に並べて販売するミネラルウォーターと違い、ユーザーと定期購入の契約をすることで、安定生産が可能であることもあって、災害時にも比較的安定的に水の供給が可能です。

先の震災時にもウォーターサーバーなら安心安全な水を安定して配達してくれるというサービスのメリットが口コミで話題となり、新規契約者数は子育て世帯を中心に飛躍的な伸びを記録しています。680億⇒910億(144%増)

赤ちゃん、育ち盛りの子どもの健康にプラス

水宅配で宅配される水は天然水であれば自然のミネラル成分をバランスよく含まれています。

市販のペットボトルのミネラルウォーターは、加熱処理しているものがほとんどですが、水宅配の天然水には非加熱処理のものがあり、天然水本来の活性が生きているのでおすすめです。

水の活性は人体の細胞機能を活性化させるため、成長期のこどもにピッタリと言えます。

ウォーターサーバー本体がミルクや離乳食づくりに便利

ウォーターサーバー本体がミルクや離乳食づくりに便利

生まれてから3か月くらいまでの赤ちゃんは、お腹がすくと泣いてミルクを欲しがり、おなかがいっぱいになると眠る、この繰り返しです。

夜中でも2時間から3時間ほどで起きてミルクを欲しがるということも多いようです。

そんな時にウォーターサーバーがあれば、哺乳瓶に粉ミルクを入れてお湯でミルクを溶かし、水で温度調節するだけでミルクが出来上がります。

赤ちゃんを待たせることなくミルクが用意できるので、ウォーターサーバーはとても便利だというお母さんは多いです。

関連ページ

このページの先頭へ