水道水がおすすめできない理由

水道水はなぜまずいのか

suidou.jpg

水道水をそのまま飲むという人は今ではかなり少数派ではないでしょうか?

水道水は各地の水源が異なるため、地域差はありますが、水道水をおいしいという人はあまりいないでしょう。

水道水がなぜまずいのかといえば、環境汚染により原料となる水自体がまずくなっていること、そして汚染された水を殺菌するために大量の塩素を使用しているからです。

日本の水道法では、水道水への大腸菌をはじめとする細菌類の混入が厳しく規定されていて、そのために塩素消毒が必須となっているのです。

しかし、この塩素消毒には大きな問題があり、水源から混入した汚染物質と塩素が結合することで、発がん物質といわれているトリハロメタンが発生します。

トリハロメタンの残留量は水質基準により厳格に決められており、健康上問題ないとされていますが、発がん物質ですから、出来るだけ避けたいものです。

トリハロメタンが体内に入ると、中枢神経や肝臓、腎臓などの臓器に重い負担がかかり、アトピー性皮膚炎や喘息、アレルギー体質を悪化させるなどの症例が報告されています。

また、集中力の低下や疲労感、イライラなどの精神障害が出たとの報告もあります。

最近では流産の確率が高くなるとの研究結果も報告されています。

煮沸の仕方にも注意が必要

そんな危険な水道水も煮沸させれば大丈夫という認識が一部にあり、乳児に湯冷ましを飲ませている方もいるようです。

確かに沸騰させれば塩素は気化して除去することは出来ますが、トリハロメタンは5分程度の沸騰では逆に濃度が高まるのです。

沸騰して1.2分程度で火を止めると3倍程度にまでトリハロメタンの濃度が上がるので注意が必要です。

水道水を多少沸騰させただけの湯冷ましや白湯は非常に危険な飲み物といえます。

赤ちゃんのミルクや離乳食作りには天然水がおすすめですが、それも無理だという場合には浄水器を通した水を使いましょう。

お料理や炊飯に天然水のミネラルウォーターを使うのはかなり贅沢だと感じる方もまだまだ多いでしょう。

その場合も水道水は使わずに、浄水器を通した水を使いましょう。

天然水を宅配してくれるウォーターサーバーが美容と健康にもプラス

こうした話をすると、何も不純物を含まない蒸留水のような純水が体によいと思う方もいるでしょう。

厳密な意味での純水、つまり、水分子以外の不純物を一切含まない水というのは簡単に作れるものではありませんし、万一人間が水分子だけの純水を飲むと、胃や腸に存在する酵素や有用菌をすべて吸着してしまうため、体調を崩してしまいます。

酸素も一切含んでいないので、金魚を入れると即死するともいわれています。

純水の主な用途は、半導体の洗浄など精密機械の製造工場で使用されるもので、食品として利用されるものではありません。

水宅配の水にはRO水がありますが、RO膜でろ過した水は不純物をほぼ完全に取り除くといわれていますが、酸素やごく微量のミネラル成分は残っていますし、RO水の多くは、一旦不純物を除去した後に、人工的にミネラルを添加しているものも多いですね。

RO水は不純物がほとんど含まれていないため溶解率が高いこともあり、料理やお茶に使用して素材の味を引き出すのにはピッタリですが、おいしい水が飲みたいという方や、健康を意識して体にいい水が飲みたいという方は、やはり天然のミネラルを豊富に含んだ天然水がおすすめです。

不純物というと何か悪いものが含まれているように感じる方もいるようですが、水宅配やウォーターサーバーの天然水は、各種のミネラルや酸素、炭酸ガスなどの不純物を含んでいるからこそまろやかなおいしさを楽しめるのですし、美容や健康にプラス効果をもたらしてくれるのです。

関連ページ

このページの先頭へ