コラム

美肌のための水選び

美容は女性の大きな関心事でもありますが、美容のためには毎日の生活の中によい水を飲むことを習慣にしたいものです。

美容の基本ともいえる素肌の美しさ、美肌のためにはどんな水を選べばよいのでしょうか?

水のどんな成分がお肌の美しさに関係しているのかをお話しながら、美肌のためにどんな水を選べばいいのかを考えます。

水道水がなせおすすめできない理由

環境汚染が進むにつれて日本の水道水は塩素注入量がどんどん増えてしまったために、水道水はまずいというイメージが定着してしまいました。

そんな水道水は不味いだけでなく、健康を害するかもしれない怖いものとなってしまったのです。

水道水をおすすめできない理由、水道水を使わざるを得ない場合の注意点なども確認しておきましょう。

水分補給はこまめに

宅配水は定期的にお水を自宅まで配送してくれる便利なサービスですが、せっかくの良質でおいしい天然水も正しい飲み方をしないともったいないですね。

ちびちびと少しづつこまめに飲むことが理想的です。

このように飲めば体が水分不足を感じることなく、新陳代謝も活発に働きます。

おおよその目安は1時間に1回、コップ半分程度です。

水道水の現状

高度成長の時代には所得倍増計画の下で経済優先、自然を破壊してでも経済成長を成し遂げるという国の政策によって、山を切り崩してダムを作り、川をセメントで固め、その川に工場排水や生活排水を流すということを当たり前のようにしてきました。

その結果、日本の水道水は世界で最も塩素注入量が多い水となってしまったのです。

高濃度の塩素は人間の皮膚や粘膜に直接悪影響を及ぼすだけでなく、さまざまな不純物と反応して新たな有害物質を生み出してしまいます。

コラーゲンやヒアルロン酸よりもまずは水分補給

女性ならば、いくつになっても美しくありたいと思うものですが、化粧品メーカーの「肌を美しく」「美肌へ導く」といったキャッチコピーに反応して、流行に火がつくと、日本中の女性が飛びつくような状態が毎度繰り返されています。

ここ最近はエイジングケアなるものが流行しており、年齢よりも相当若く見られるために高価な化粧品を使う人が増えていますが、コラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタと言った美容成分を含んだ化粧品はなかなか高価です。

「とりあえずビール」の前に「とりあえず水」

仕事帰りに同僚や仲間と飲むお酒が何よりの楽しみというサラリーマンも多いでしょう。

そんな時に飲み屋に入ると「とりあえずビール」という方が多いと思います。

1日の仕事で全身が渇いている、そんな状態ですから、自然にそうなるのでしょうし、私も例外ではなく、一仕事終えた後のビールほどおいしいものはないと思います。

私だって「とりあえずビール」派です。(笑)

このページの先頭へ