北アルプス涸沢カールの雪渓の雪どけ水

久しぶりに北アルプスの穂高岳に登りました。

僕が初めて北アルプスに足を踏み入れたのはもう15年前です。

北アルプスの麓の上高地に初めて訪れた僕は穂高連峰の美しさと北アルプス槍ヶ岳を源流に流れる梓川の清らかな流れに感動しました。

その時は登山の装備もありませんでしたし、たまたま上高地ってところに行ってみようと思って家族で行っただけです。

しかし、実際にあのスケールのおおきな風景を目にして、いつかあの山頂に行ってみたい、山頂からは何が見えるのだろうと思いました。

そして翌年、登山の装備一式をそろえて妻と初めて涸沢に登ったのです。

初めての本格的な登山で涸沢というのはなかなかキツいものです。

僕はこの時、涸沢では水が確保できないと思って、上高地から2リットルのペットボトルを2本、妻にも1本リュックに入れてもらっていました。

しかしこれだけの重さの荷物をしょって涸沢まで登るのは妻にはかなりキツかったらしく、「もう登山は一人でやって」と言われてしまいました。

そんなこともあってしばらく僕一人で北穂高岳や槍ヶ岳などを登ってきましたが、今年は次男がキャンプに行きたいというので、テント泊一式の道具を背負って次男を連れて涸沢に登ることにしました。

7月下旬でも涸沢のすぐ下の登山道にはまだ雪渓が残っていて、少々怖かったのですが、3人とも無事に涸沢に到着できました。

久しぶりの涸沢の雪どけ水はキリット冷たくまろやかな味です。

この水で割るウィスキーは格別の味です。

妻にはコーヒをいれましたが、おいしいと喜んでくれました。

通常、山小屋は特に稜線上ですと水の確保が難しいため、水は1リットル200円程度で有料という場合が多いのですが、涸沢はその豊富な雪渓のために、水はいくらでも飲み放題使い放題といった感じです。

いつも涸沢にのぼると水筒にたっぷりとこの水を汲んで持ち帰るのですが、今年は僕が靴ずれをしてしまったため荷をできるだけ軽くしたかったので、残念ながら涸沢の雪どけ水のお土産はなしでした。

今年は秋の紅葉の時期にも再び涸沢に行く予定があるので、またあの甘くまろやかな涸沢の雪どけ水を飲みたいですね。

タグ

2014年8月24日

カテゴリ:

オフィスでは「金城の華」を飲んでいます。

自営業の私は事務所と、自宅に宅配水を設置しています。

オフィスは私を入れて5名の小さな会社ですが、宅配水を契約してからは何かと便利です。

急な来客にもお茶やコーヒーをすぐに用意できますし、今時分の暑い日には冷たいお水が何よりですからね。

オフィスには私がいちばん最初に出社しますが、まずはお水を一杯飲んで気分を落ち着かせます。

このお水は「金城の華」という島根県の名水です。

「金城の華」は私のオフィスで契約しているコスモウォーターだけでなく、オアシスウォーターやBLUEウォーターなどでも飲めます。

「金城の華」の採水業者でも直売を行っていますが、これはペットボトル入りのお水を宅配するもので、価格の面からも宅配水とほぼ一緒ですから、ウォーターサーバー本体の利便性やお水の衛生管理、また宅配水業者によるさまざまなキャンペーンや特典がつくことを考慮すれば、宅配水のほうが魅力はあると思います。

金城の華の魅力は何といっても非加熱処理ならではの天然水本来の味わいが楽しめること。

コンビニやスーパー、量販店に並んでいるミネラルウォーターは、ほとんどが加熱殺菌処理していますが、金城の華は採水してからできるだけ人の手を加えずにボトル詰めされているので自然のままのまさに「天然の水の味」が楽しめるのです。

非加熱の天然水はミネラル成分が損なわれることなく含まれているのはもちろんですが、お水にもともと溶け込んでいる酸素が失われずに残っているのでおいしさがまるで違うのです。

もう一つ私が魅力に感じているのは水の活性が生きていること。

こうした水を飲むことで人間の細胞は本来の機能を最大限に発揮することになるので、代謝アップや免疫力の向上が期待できるといわれています。

加熱殺菌した水はどうしても水の活性は失われてしまっているので、保存性という面からはメリットはありますが、健康面を考えるとやはり非加熱の天然水がおすすめです。

私も自宅ではフレシャスの非加熱天然水を飲み、オフィスではコスモウォーターの金城の華を飲むことで、健康的な毎日が送れていると感じています。

健康のための水の飲み方としておすすめなのは非加熱の天然水をこまめに飲むことですね。

タグ

2014年7月 9日

カテゴリ:

フレシャスをおすすめします。

宅配水は様々な業者が新規参入してきていますが、最近ではサントリーやキリンのような大手飲料メーカーも参入を開始しました。

大手業者は何といってもそのブランド力と信頼性が高いところが魅力ではありますが、既存の業者でもお水そのものの商品的な魅力でまだまだ大手に負けない業者はあります。

私が愛飲しているフレシャスは何といってもそのお水のおいしさが魅力です。

フレシャスのお水は空気に触れないように採水され、真空パックでボトル詰めされるのでお水のおいしさが保たれるそうです。

空気に触れないからこそお水のおいしさもキープされるのでしょう。

飲みきるまで真空状態が続く構造なので最後までお水のおいしさも味わえます。

私は昨年ウォーターサーバーを始めるまでは、近所のスーパーやドラッグストアでペットボトルのミネラルウォーターを買っていたのですが、フレシャスを契約して重いペットボトルを買わなくてよくなったのでとても気が楽になりました。

ミネラルウォーターだけを買いに行くのなら何とかなるのですが、他にも買い物があるのが普通ですし、そうなるとペットボトルの飲み物を買うのは一苦労です。

ウォーターサーバーを契約すれば玄関先まで14リットル分のお水を宅配してくれるのでとっても楽ですからね。

ウチではフレシャスなので14リットル、つまり7リットルのウォーターバック2つとなりますが、他社のウォーターサーバーなら、12リットルが2本で24リットルとなりますからさらに便利でしょう。

お水はそのまま飲むのはもちろん、お茶やコーヒーもまろやかで香りが高くなるように感じますし、お料理に使えばうまみがグッと増すように感じるので、塩分控えめにしても十分満足できる味付けができるんです。

とにかく一度契約して設置すると手放せなくなると思いますよ。

タグ

2014年3月 2日

カテゴリ:

はじめに

こちらのブログでは各地の名水やおいしいと評判のお水をご紹介していきます。

環境省が日本の名水百選というものを公開していますが、こちらは名水といっても飲料水としての用途のみを考慮したものではなく、水資源として上手に利用されているのか、あるいはその名水の採水される地域に住む人に親しみをもって触れられているのか?と言ったことも選定のポイントになっています。

つまり、よく耳にする名水百選とは必ずしも飲料水ではないし、飲んでおいしい水というわけではありません。

商品価値を高めるイメージ戦略として店頭で販売されるミネラルウォーター類のパッケージには、「名水百選」の文字が記載されていることがありますが、これに惑わされてはならないということです。

もちろん、「名水百選」と記されていて確かにおいしいお水はあるでしょう。

でもそれだけでかならずしもおいしいお水ということはできないということです。

このブログでは名水百選もご紹介していきますが、飲み水として優れているのか、親しまれる水源として評価されているのか、など評価のポイントを明確にしてお知らせしていきます。

日本は南北に細長く、四季のハッキリとした気候、温暖湿潤な地域から冷涼でも積雪の多い地域、山地、川、湖、海岸、さまざまな地形によって豊富な水資源を誇る世界でも非常に珍しい国土にあると言えます。

これも豊かな水資源を誇れるポイントであるといえるでしょう。

そして水資源と深い関係があるのが土壌です。

特に飲料水となる深井戸から採水される天然水は、降り積もった雪や雨が岩や土壌を通過する過程で、自然と濾過されながら、人間の体に有益な天然ミネラル成分を含んでいきます。

この天然水の商品価値にも大きな関係を持つ、天然水のミネラル成分はその採水地付近の土壌に関係しているのです。

カルシウム、マグネシウム、ナトリウムといったおなじみのミネラル成分をはじめ、ゲルマニウム、バナジウムといった希少ミネラルまでどういったミネラルが配合されるかは採水地によって大きく異なるのです。

ただ、日本の場合ヨーロッパの天然水に比べれば水に含まれるミネラル成分はそう大きな差はなく、どなたが飲んでもまろやかで飲みやすい味と感じられるでしょう。

タグ

2014年1月21日

カテゴリ:

このページの先頭へ